技術部長挨拶

 国際資源学部は、資源開発に関するビジネスや研究の分野で活躍できる人材の養成を目指し、資源政策コース、資源地球科学コース、資源開発環境コースの3コースからなる新学部として、2014年4月に開設されました。本学部の前身である秋田鉱山専門学校は、資源開発や人材育成を目的に1910年に設置され、これまで100年以上の資源学研究と多くの技術者養成の歴史があります。

 国際資源学部では、現在7名の技術系職員が配置され、野外調査、室内実験、学生実習などの教育・研究支援のほか、子供ものづくり教室や市民向けテクノフェスタでの業務紹介などの社会貢献活動を実施するとともに、国内外のプロジェクト支援を通して専門知識・技術の向上を積極的に図っております。また、国際資源学部の方針とも関連した英語能力向上を目的にTOEIC受験を実施し、徐々に成果が現れております。

 「世界を相手に、地球を相手に資源と向き合う」国際資源学部の技術系職員として、全ての教職員に信頼される技術者集団を目指した研鑽をこれからも重ねます。


国際資源学研究科 技術部長
 藤井 光(資源開発環境学専攻)

令和元年5月